2015年02月03日

ケアマネジャーになるには




ケアマネジャーは、介護支援専門員です。
介護士として活躍している人の多くが目指している資格ではないでしょうか。

ケアマネジャーは、介護の専門職ですから、
資格取得までには、実務経験が必要ですし、資格取得試験に合格する事も必要です。

ヘルパーとして実務経験を積み重ね、
5年以上経った後にケアマネジャーの資格試験を受ける人もいますし、
介護の資格を取得しながら、ケアマネジャーの資格試験を受ける人もいます。

このように、ケアマネジャーになるためには、
経験と資格試験が必要ですが、
やはり最も大切なのは、素質であり人間性です。

コミュニケーション能力は欠かすことができませんし、
要介護者だけでなく、家族を含めた全員の要望や不安に応え、
適正で適格な判断を下しながら、要介護者を支えていける人でなければなりません。

ですから、ケアマネジャーになるには、優れたヒューマンスキル、
そして、介護に関する知識や技術、社会に関する知識をバランスよく身につけることが大切です。






posted by 介護人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●介護・福祉の資格 | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

ケアマネジャー



ケアマネジャーは、ケアプランの作成をしたり、
介護サービスの調整や管理を行います。

ケアマネジャーは、要介護者が、自宅などで不自由なく暮らすために、
要介護者の課題を分析したり、サービスのニーズの把握をします。

そして、どのような介護サービスをどのように、どの程度利用するのか、
計画書(ケアプラン)を作成します。
ケアプランが決まると、そのプランに沿った介護サービスが要介護者に提供されます。

そして、要介護者のより良い生活実現のため、
サービス担当者会議を運営します。

さらに、ケアプランは作成するだけでなく、
要介護者の心身状況や家族の事情などの変化に伴い、
変更・改善すべきところをチェックするなど、継続的に管理し評価していきます。

ケアマネジャーは、このような仕事をする介護の専門職です。

初めての介護で色々困っている時に、
幅広くサポートしてくれるケアマネジャーの選び方は重要です。
良いケアマネジャーを選ぶかどうかによって、
介護が変わってくると言っても過言ではありません。







posted by 介護人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●介護・福祉の資格 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。