2014年01月30日

居宅サービスの種類<居宅療養管理指導・通所介護・通所リハビリ・短期入所>



●居宅サービスの種類<居宅療養管理指導・通所介護・通所リハビリ・短期入所>

・居宅療養管理指導

医師や歯科医師、看護師、薬剤師などの医療従事者が、
利用者の自宅を訪問し、療養上の管理や指導を行うものです。

・通所介護

デイサービスといわれているサービスです。
老人デイサービスセンターや養護老人ホームなどに日帰りで通所し、
施設で入浴や食事、健康維持や機能訓練などを行うものです。

・通所リハビリテーション

デイケアといわれているサービスです。
利用者が、介護老人保健施設や病院、診療所などに日帰りで通所し、
理学療法士や作業療法士などからリハビリテーションを受けるものです。

・短期入所生活介護

ショートステイといわれているサービスです。
利用者が、介護老人保健施設などに数日から一週間の短期間入所し、
入浴や排泄、食事、機能訓練などのサービスを受けるものです。

・短期入所療養介護

短期入所療養介護もショートステイです。
こちらは、医学的な管理の下で介護や機能訓練、日常生活上のサービスを受けるものです。









posted by 介護人 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●介護保険制度 | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

居宅サービスの種類



●居宅サービスの種類<特定施設・福祉用具・住宅改修>

・特定施設入居者生活介護

介護保険の指定を受けた有料老人ホーム等に入所している要介護者、
または要支援者が受けることができるサービスです。
入浴や排泄、食事、機能訓練、療養上のお世話が受けられます。

・福祉用具貸与

要介護者が自立した生活を送ることができるように、
車いすや特殊ベッドなど12種目の福祉用具をレンタルすることができるサービスです。

・特定福祉用具販売

福祉用具のうち、入浴や排泄など、レンタルになじまないものについて、
購入費の9割を介護保険で給付してもらうことができるというものです。

・住宅改修費支給

要介護者等が、自宅で安全に快適に過ごすことを目的とした一定の工事に対し、
住宅改修費の9割が介護保険から給付されるものです。
対象工事内容は、手すりの取り付けや、段差の解消、床材や扉の変更などがあります。








posted by 介護人 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●介護保険制度 | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

介護保険サービスの利用法


介護が必要になったら、介護保険の利用を検討します。
介護保険の利用は、まず市町村で「介護認定」の申請をしますが、
本人が申請をするか、家族が申請をします。
本人も家族も申請ができない場合は、法令によって定められている居宅介護支援事業者や、
介護保険施設、地域包括支援センターなどに申請の代行を依頼することができます。

申請をした後、調査員が利用希望者の家に来てくれて、
基本調査が行われます。
基本調査で一次判定をし、次に、調査員の聞き取り調査による特記事項と、
かかりつけの医師による診療状況や介護についての「主治医意見書」をもとに
二次判定がされます。
この二次判定により、要支援、或いは要介護が決まり、認定後保険証が発行されます。

認定がされ、要介護度が決まると、居宅介護支援事業者を選んでケアプラン作成を依頼します。
依頼を受けると担当のケアマネジャーが決まり、
ケアマネジャーは利用者や家族が希望する生活のあり方をケアプランにまとめ、
いつ、どのようなサービスをどれだけ受けるかを決めていきます。

要介護度によって利用することが出来る限度額があります。
なるべくその範囲内で必要なサービスが必要なだけ受けられるようにプランを組んでもらいましょう。

ケアプランが作成されると、サービスの利用が開始されます。









posted by 介護人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●介護保険制度 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。