2014年01月07日

介護チームを作る


介護が必要になったとき、その介護の協力者を集め、チームを作りましょう。

家族に協力者がいない場合も多いでしょう。

家族に協力者がいる場合も、その人それぞれ、仕事があり、家庭があります。

それぞれが、自分にできることとできないことを明確にし、
役割分担を決めます。

そして、そのチームの中には、専門家を交えます。

チームを構成したら、全員が連絡網と連絡手段を把握しましょう。


●介護チームのメンバーとは

・本人(介護が必要な人)
・子供や兄弟、嫁など(この中で、キーパーソンとなる人を決める)
・居宅介護支援事業所のケアマネジャー
・訪問医療(かかりつけ医、訪問看護師)
・訪問介護(ヘルパー、介護福祉士)
・配食サービス(地域のNPOなど)
・介護サービス(デイケアサービスや、訪問入浴など)

このように、本人とその家族を中心に、地域サービス、医療系サービス、介護系サービスで
チームを作り、介護が必要な人を支えていくことが大切です。

決して一人で何もかも介護をしようと思ってはいけません。










ラベル:介護チーム
posted by 介護人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●介護が必要になったら | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。