2014年01月14日

要介護認定の訪問調査



介護保険サービスを利用する時には、
介護や日常生活に支援が必要な状態であることを認定されることが必要です。

要介護認定の申請書を提出すると、調査員が家庭等を訪問し、
介護を必要とする人の心身の状態を調査します。

介護認定審査会は、保健・医療・福祉に関する専門員5人程度で構成されます。
コンピュータによる一次判定、訪問調査の際に関連して書き取ってきた事項、
主治医が病気の状態などをまとめた医学的な見地からの意見書などをもとに、
介護や日常生活に支援が必要な状態かどうか、
どのくらいの介護を必要とするかなど、要介護度を判定します。

第二号被保険者(40~64歳)の場合は、
老化に伴う病気によるものかについても審査され判定されます。

介護認定は、要支援1、要支援2、要介護1、要介護2、要介護3、
要介護4、要介護5、そして、非該当のいずれかの認定がされます。

非該当の場合は、介護保険外の保健福祉サービス等が利用できます。













posted by 介護人 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●介護保険制度 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385086207
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。