2014年01月15日

要介護認定の区分



要介護認定は、介護認定審査会の審査判定に基づいて行われ、
介護の必要な度合いによって区分されています。

ほぼ一人で日常生活を送ることはできるけれど、
多少の介護が必要だという場合は「要支援1」、或いは「要支援2」に認定されます。
もう少し具体的にいうと、今後、将来的に一人での生活が難しくなり、
介護や支援を受ける可能性が高い人が認定されます。

歩く、寝る、食べる、入浴するなどの日常生活の基本的な動作を
一人で行う事ができない場合は、「要介護1~要介護5」判定され、
介護保険から介護給付を受けることができます。

要介護認定の申請をすると、申請した日から30日後に、
市区町村役場から、要介護認定通知書という判定の結果通知、
および、介護保険被保険者証が郵送されてくるので確認してください。

もし、要介護認定の判定結果に不服があるときには、
各都道府県の介護保険審査会に、再申請の申請をする事も可能です。

介護保険の給付は、現金で給付されるのではなく、
利用額負担という形で給付されます。








ラベル:要介護認定
posted by 介護人 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●介護保険制度 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。