2014年02月16日

大人用おむつの選び方



大人用のおむつを選ぶ時には、尿量や体型、介助の状況などによって選ぶことが大切です。

いつも使っている下着であれば、多少大きくてもあまり問題にはなりません。
ですが、おむつの場合は、多少であっても大きければ尿漏れしてしまいます。

おむつのタイプは、履くタイプ<パンツタイプ>と、テープ式タイプがありますが、
歩くことができたり、立ち上がる、座ることができるのであれば履くタイプ、
寝て過ごすことが多いのであればテープ式のタイプがおススメです。
その上で、ぴったりなおむつを選んでいくことが必要です。

履くタイプのおむつには、超薄型、薄型、高吸収型などがありますし、サイズも様々です。
頻繁にトイレにいける人であれば超薄型で良いですし、
おむつ交換があまりできないのであれば高吸収型が良いでしょう。
そしてサイズは、胴周りで合わせます。

テープ式タイプのおむつには、昼間は2wayタイプや立体ギャザータイプ、吸水ギャザータイプなどがあります。
そして、サイズは腰周り(ヒップ)で合わせます。

いきなりたくさん入ったおむつを買ってしまうと、合わないということもあるので、
病院の売店などで少量入っているものを色々使ってみたり、
お試し用を選んで使ってみるのがおススメです。

メーカーの相談ダイヤルなどに電話をかけると、
試供品が貰える事もあるそうです。










posted by 介護人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・排泄の介護 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388705197
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。