2014年02月21日

褥瘡の原因



褥瘡は、圧迫やズレなどによって血液の流れが滞ったり、循環が悪くなることによって起こります。

寝たきりの患者さんが、同じ状態のままで寝ていたりすると、
圧迫される骨の部分に褥瘡ができたり、
立ったり座ったりという動作のズレに圧がかかって褥瘡ができる事もあります。
また、栄養不足も、褥瘡の原因になりますし、汗や尿、便などによって皮膚が汚れ、
ただれたり被れたりすることが原因となって褥瘡ができる事もあります。

褥瘡にならないようにするためには、皮膚を清潔にすること、傷つけないようにすることが大切です。
クッションなどを上手に使って患部に体重がかからないようにすることが第一です。

要介護者のケアなどをしていて、赤みに気づいたときには、
皮膚の赤みが引かなければ褥瘡の始まりなので、医師や看護師に相談することが大切です。

褥瘡は、血液の滞りが原因になるので、赤くなっている部分を
マッサージしたくなってしまいます。
ですが、皮膚の下の骨に近い部分では、ダメージが大きくなっていますから、
マッサージをすることによって逆効果になることがあります。
つまり、褥瘡の改善にマッサージは禁物です。














ラベル:褥瘡の原因
posted by 介護人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・褥瘡のケア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。