2014年03月31日

薬の管理



薬には、どのようなものにも副作用があり、間違って飲めば大変なことになる可能性があります。
在宅で介護するのであれば、介護者がしっかりと管理していく必要があります。

薬の管理は、ヘルパーさんに頼むことは出来ません。
薬の管理や分別、例えば、カレンダーのポケットに入れるなどの作業は、
訪問看護師や薬剤師、或いは家族でなければできません。
資格の問題で、法律の問題なので、ヘルパーさんに頼んでも断られます。

少しでも、介護者が薬の管理を楽にしようとおもうのであれば、
一回で飲む薬を一つの袋に入れてもらう「一包化」を薬剤師に頼む事もできますが、
薬の種類によっては不可能な場合もあります。

そのような時には、ピルケースなどに分別して、
日付を書いて管理し、間違えないようにしなければなりません。

ご本人がまだまだしっかりしている場合は、本人、家族で注意をすれば良いのですが、
認知症の患者さんなどでは、薬を保管する場所から頭を悩ませてしまいます。

誤飲や、間違えて服用するなどの服用ミス、服用忘れがないように、
薬の管理をうまく行えるよう工夫しましょう。








タグ:薬の管理
posted by 介護人 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・薬の介護 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393112470
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。