2015年01月31日

福祉住環境コーディネーター



介護の資格に、福祉住環境コーディネーターという資格があります。

福祉住環境コーディネーターは、福祉や医療、建築、保健、福祉用具などの分野と連携して、
高齢者や障害者に暮らしやすい住宅環境を提案する仕事をします。

具体的な福祉住環境コーディネーターの仕事としては、
住宅構造などで高齢者や障害者が、日常生活に支障をきたす不便な箇所がないかどうかをチェックしたり、
設計やリフォームプラン、福祉用具などの費用などを相談しながら提案します。

利用者のニーズにこたえるために、福祉や医療、建築、保健、福祉用具などの各分野の知識を活かし、
様々な情報を吸い上げながら、高齢者や障害者の生活改善と自立への支援を促す仕事です。

福祉住環境コーディネーターは、この資格だけで就職できるものではありませんが、
福祉や介護の職場で働く人の役に立つ資格です。

また、建築関係の仕事をする人にも、今後の高齢化社会を考えると
バリアフリー化などの知識は必須ですから、役に立つ資格であるといえます。

福祉住環境コーディネーターは、2級からの受験も可能です。

1級を受ける場合は2級合格が必須条件になります。

早いステップアップを望むのであれば、3級は飛ばして2級から目指すのも良いでしょう。









posted by 介護人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●介護・福祉の資格 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413192709
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。