2015年02月03日

ケアマネジャーになるには




ケアマネジャーは、介護支援専門員です。
介護士として活躍している人の多くが目指している資格ではないでしょうか。

ケアマネジャーは、介護の専門職ですから、
資格取得までには、実務経験が必要ですし、資格取得試験に合格する事も必要です。

ヘルパーとして実務経験を積み重ね、
5年以上経った後にケアマネジャーの資格試験を受ける人もいますし、
介護の資格を取得しながら、ケアマネジャーの資格試験を受ける人もいます。

このように、ケアマネジャーになるためには、
経験と資格試験が必要ですが、
やはり最も大切なのは、素質であり人間性です。

コミュニケーション能力は欠かすことができませんし、
要介護者だけでなく、家族を含めた全員の要望や不安に応え、
適正で適格な判断を下しながら、要介護者を支えていける人でなければなりません。

ですから、ケアマネジャーになるには、優れたヒューマンスキル、
そして、介護に関する知識や技術、社会に関する知識をバランスよく身につけることが大切です。






posted by 介護人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●介護・福祉の資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413314428
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。