2015年02月03日

ケアマネジャーになるには




ケアマネジャーは、介護支援専門員です。
介護士として活躍している人の多くが目指している資格ではないでしょうか。

ケアマネジャーは、介護の専門職ですから、
資格取得までには、実務経験が必要ですし、資格取得試験に合格する事も必要です。

ヘルパーとして実務経験を積み重ね、
5年以上経った後にケアマネジャーの資格試験を受ける人もいますし、
介護の資格を取得しながら、ケアマネジャーの資格試験を受ける人もいます。

このように、ケアマネジャーになるためには、
経験と資格試験が必要ですが、
やはり最も大切なのは、素質であり人間性です。

コミュニケーション能力は欠かすことができませんし、
要介護者だけでなく、家族を含めた全員の要望や不安に応え、
適正で適格な判断を下しながら、要介護者を支えていける人でなければなりません。

ですから、ケアマネジャーになるには、優れたヒューマンスキル、
そして、介護に関する知識や技術、社会に関する知識をバランスよく身につけることが大切です。






posted by 介護人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●介護・福祉の資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

ケアマネジャー



ケアマネジャーは、ケアプランの作成をしたり、
介護サービスの調整や管理を行います。

ケアマネジャーは、要介護者が、自宅などで不自由なく暮らすために、
要介護者の課題を分析したり、サービスのニーズの把握をします。

そして、どのような介護サービスをどのように、どの程度利用するのか、
計画書(ケアプラン)を作成します。
ケアプランが決まると、そのプランに沿った介護サービスが要介護者に提供されます。

そして、要介護者のより良い生活実現のため、
サービス担当者会議を運営します。

さらに、ケアプランは作成するだけでなく、
要介護者の心身状況や家族の事情などの変化に伴い、
変更・改善すべきところをチェックするなど、継続的に管理し評価していきます。

ケアマネジャーは、このような仕事をする介護の専門職です。

初めての介護で色々困っている時に、
幅広くサポートしてくれるケアマネジャーの選び方は重要です。
良いケアマネジャーを選ぶかどうかによって、
介護が変わってくると言っても過言ではありません。







posted by 介護人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●介護・福祉の資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

手話通訳士



手話通訳士は、名称独占資格なので、資格がなくても業務を行うことができます。

ですが、勤務先に手話通訳士として働くのであれば、
やはり資格を持っている人のほうが雇う側としても安心して採用できるのではないでしょうか。

手話通訳は、ボランティア的な要素が大きいです。

ですが、手話通訳士の資格は、いろいろな資格があります。

手話ニュースなどに出ている手話通訳士さんたちが持っている資格は、
「手話通訳技能認定試験」です。

また、都道府県や市区町村ごとに実施される、聴覚関連団体などの試験に受かると
「登録通訳者」となることができます。

また、手話技能検定協会が実施している資格試験もあります。

これらの資格試験は、各それぞれレベルなどは異なるようです。

手話通訳士なりたい場合は、手話通訳士養成学校などの学校できちんと学ぶと良いですね。

たとえば、国立障害者リハビリテーションセンター学院などの学校があります。

この学校の卒業生は、聴覚障害者情報提供施設や、ろう者団体、聴覚障害者を採用している民間の会社などで活躍しているそうです。

手話ができても、ボランティア的要素が大きいので、
なかなか就職に結びつかなかったりしますが、このような卒業後の活躍の場も明確な学校で学ぶことで、
手話通訳士としての活躍の場を広げることができそうです。









タグ:手話通訳士
posted by 介護人 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ●介護・福祉の資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。