2015年02月01日

手話通訳士



手話通訳士は、名称独占資格なので、資格がなくても業務を行うことができます。

ですが、勤務先に手話通訳士として働くのであれば、
やはり資格を持っている人のほうが雇う側としても安心して採用できるのではないでしょうか。

手話通訳は、ボランティア的な要素が大きいです。

ですが、手話通訳士の資格は、いろいろな資格があります。

手話ニュースなどに出ている手話通訳士さんたちが持っている資格は、
「手話通訳技能認定試験」です。

また、都道府県や市区町村ごとに実施される、聴覚関連団体などの試験に受かると
「登録通訳者」となることができます。

また、手話技能検定協会が実施している資格試験もあります。

これらの資格試験は、各それぞれレベルなどは異なるようです。

手話通訳士なりたい場合は、手話通訳士養成学校などの学校できちんと学ぶと良いですね。

たとえば、国立障害者リハビリテーションセンター学院などの学校があります。

この学校の卒業生は、聴覚障害者情報提供施設や、ろう者団体、聴覚障害者を採用している民間の会社などで活躍しているそうです。

手話ができても、ボランティア的要素が大きいので、
なかなか就職に結びつかなかったりしますが、このような卒業後の活躍の場も明確な学校で学ぶことで、
手話通訳士としての活躍の場を広げることができそうです。









posted by 介護人 at 09:29
"手話通訳士"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。